ホーム

『資本論』と『国家と革命』の学習会~1月、2月の予定

◆『資本論』学習会
★『資本論』基礎学習会
 1月10日(水)に、第3章の第2節「流通手段」、a「商品の変態」とb「貨幣の通流」を学習しました。
 初めに前段で大切な諸点の確認~第2章で交換過程に存在する矛盾から貨幣が生成され、その矛盾は解決されることをみましたが、しかしこれによって商品生産の根本的矛盾が廃棄されるのではなく、それらの矛盾が運動しうる形態をつくるということ、貨幣の生成によって、交換過程は普通の商品と貨幣商品との間で行われる――商品と貨幣とへの商品の二重化、商品にひそむ使用価値と価値の内的対立は、商品と貨幣との外的対立となって(この点も確認)、諸商品は使用価値、貨幣は交換価値として向き合うことになり、商品の交換過程は、商品の貨幣への転化(W-G)と貨幣から商品への再転化(G-W)という二つの過程(商品の変態)によって行われることになります。ここで普通の商品と貨幣商品金との交換は「単に一商品が他の一商品としての金と交換されるということではなく、観念的にすでに存在した自分自身の価値の姿に現実に転化することであり、商品自身の『形態変換』にほかならないこと――このことの理解こそ大切なのである」(林紘義著作集1巻)という点も確かめました。
 W-G-Wという変態系列が描く循環は他の循環と絡み合い、この総過程が商品流通であり、商品流通において貨幣は流通手段として機能することになります。aでは、特に、第一変態W-Gについて、商品生産社会では社会的分業の量的編成と質的編成は、自然発生的であり偶然的であるから、商品の販売は「命がけの飛躍」になるということの意味について議論。また販売と購買とは流通によって分裂させられ、この対立が頂点に達すると、恐慌によって販売と購買とが強力的に統一される、商品流通は恐慌の可能性を含んでいるということなどについて検討しました。さらに、貨幣の流通について、流通手段としての貨幣の運動は、実際は、ただ商品流通の表現にすぎないということなどについて検討しました。
 bでは、流通に必要な貨幣量は、諸商品の価格総額と貨幣の流通速度によって規定されるということについて検討。これとは逆に、商品の価格は流通手段の総量によって決まるという「幻想」やその主張の「ばかげた仮説」(いわゆる貨幣数量説)についても見ました。
 次回2月13日(水)は、第2節のc「鋳貨。価値章票」と、第3節「貨幣」のa「蓄蔵貨幣」とb「支払手段」を読む予定です。

●日 時:2月13日(水)
    午後6時30分~8時30分
●場 所:かながわ県民センター
            (横浜駅西口5分)
    会議室2/13⇒702号室



★『資本論』第1巻後半学習会   
 
   12月26日(水)に、第23章「資本主義的蓄積の一般的法則」に入り、第1節「資本の蓄積が不変な場合における、蓄積にともなう労働力需要の増大」を学習しました。
 23章では、資本の蓄積が労働者階級におよぼす影響について考察されます。その場合、重要な要因は資本の構成とそれが蓄積過程の進行中にうける変化です
。そこでまず、資本の構成とは何かについて――資本の価値構成と資本の技術的構成について、そして、資本の技術的構成によって規定されるかぎりでの資本の有機的構成という概念について確認し、第1節の資本の構成が不変のまま蓄積が進む場合について検討しました。
 資本の増加は可変資本部分の増大を含み、したがって資本の蓄積が行われて資本が増加すればするほど、労働力に対する需要は比例的に増加し労賃が騰貴します。しかし労賃が高騰するような場合でも、資本家的生産の根本性格、労働者の資本に搾取される関係が変わるわけではなく、資本の蓄積はすなわちプロレタリアートの増加を意味することなどを確認。労賃の騰貴は資本の蓄積を妨げない範囲で続きますが、しかし剰余価値が減少するようになると資本の蓄積が衰え、労働力に対する需要が減少し労賃が低下してゆきます。これらから言えることは、資本の蓄積の変化が、その増大が労働力を相対的に不足にし、したがって労賃を引き上げる、またあるときは蓄積の減退が労働力を相対的に過剰にし、したがって労賃を引き下げるということ、蓄積の大きさは独立変数であり、賃金の大きさは従属変数であって、その逆ではないということです。また、資本の蓄積と賃金率との関係は、資本に転化された不払労働と追加資本の運動に必要な支払労働との関係にほかならないということ、同じ労働者人口の不払労働と支払労働との関係であるということ、労働者が価値増殖の手段としてのみ存在する社会では、資本主義的再生産を脅かすような労賃の上昇は排除されている等々について学習しました。
 
次回、1月23日(水)は、第23章の第2節「蓄積とそれにともなう集積との進行中における可変資本部分の相対的減少」について検討する予定です。

 ●日 時:1月23日(水)
              2月27日(水)
    午後6時30分~8時30分
●場 所:かながわ県民センター
             (横浜駅西口5分)
    会議室 1/23⇒307号室
                2/27⇒702号室

※ テキスト:岩波文庫、新日本新書等どれでも可。
※ 連絡先: 090-7729-9433[伊藤]
     yokorouclub@gmail.com


◆『国家と革命』の学習会

  12月19日(水)に、第2章「国家と革命。1848ー1851年の経験」、第3章「国家と革命。1871年のパリ・コンミューンの経験。マルクスの分析」まで読みました。第1章で提起されている国家の本質を振り返りながら、民主主義もまた国家であるということ、ブルジョア民主主義や選挙制度の欺瞞性、日和見主義者が既存の国家を「廃絶」するという任務を、国家の「死滅」ということにすりかえていること、また国家の死滅の歴史的条件などについて議論。さらに第2章と第3章のフランスの歴史的経験やマルクスの分析を読み、ブルジョア国家機構、軍事制度や官僚制度などがますます肥大化していくことや、労働者階級は「できあいの国家機構を打ち砕き」、それを何と取り換えるのかということなどについてみていきました。さらに、日本の安倍政権の権力政治や野党の政治、あるいは、べらぼーな供託金などに象徴される非民主的な日本の選挙制度などについても議論となりました。
 次回は1月16日(水)に開催します。第4章「つづき。エンゲルスの補足的な説明」と第5章「国家死滅の経済的基礎」を検討しますが、第6章まで読んでおこうということになりました。
 日 時:1月16日(水)
     2月20日(水)

    午後6時30分~8時30分
場 所:かながわ県民センター
              (横浜駅西口5分)
    会議室1/16・2/20⇒702号室

※ テキスト:岩波文庫など。
※ 連絡先: 080-4406-1941[菊池]
     yokorouclub@gmail.com

『資本論』と『国家と革命』の学習会~1月の予定

◆『資本論』学習会


★『資本論』基礎学習会

 12月12日(水)、第3章「貨幣または商品流通」に入り、第1節「価値の尺度」について学習しました。
 まず、貨幣の価値尺度機能とは何かについて検討。――貨幣商品の第1の機能は、諸商品に対して統一的な価値表現の材料を提供すること、諸商品の価値を質的に同等で量的に比較可能な大きさとして表示することにあります。労働時間が価値の内在的尺度であることは今までみてきた通りですが、価値尺度としての貨幣は、この内在的な価値尺度である労働時間の必然的な現象形態です。商品の金での価値表現はその商品の貨幣形態または価格です。価格の表示のためには現実の貨幣を必要としないこと、価値尺度機能ではただ観念的な貨幣として役立つということ、しかし、価格はまったく実在的な貨幣材料に依存しているということなどについて検討しました。
 また、諸商品の価値はいろいろな金量として相互に比較され計られることになるので、技術的にこれらの金量を量る度量単位が必要となり、これがさらに可除的な諸部分に分割されることによって度量標準となります。ここで、貨幣の価値尺度機能と価格の度量標準との違いと関連について――貨幣が価値の尺度であるのは、人間労働の社会的化身としてであり、価格の度量標準であるのは、確定された金属重量としてであるということ、貨幣は、価値尺度としては、諸商品の価値を価格に、すなわち表象された金量に転化させるのに役立ち、価格の度量標準としては、種々の金量を一つの金量で計るのであるということなどについて検討しました。
 さらに、価格形態は、価値と価格との量的不一致の可能性をもっているということや、価格形態はひとつの質的矛盾、すなわち、貨幣は諸商品の価値形態にほかならないのに、価格が価値の表現であることをやめるという矛盾を含んでいることなどについて議論しました。 
 次回1月9日(水)は、第2節「流通手段」にはいります。


●日 時:1月9日(水)
    午後6時30分~8時30分
●場 所:かながわ県民センター
              (横浜駅西口5分)
    会議室1/9⇒602号室



★『資本論』第1巻後半学習会   
 
   1226日(水)に、第23章「資本主義的蓄積の一般的法則」に入り、第1節「資本の蓄積が不変な場合における、蓄積にともなう労働力需要の増大」を学習しました。
 23章では、資本の蓄積が労働者階級におよぼす影響について考察されます。その場合、重要な要因は資本の構成とそれが蓄積過程の進行中にうける変化です
。そこでまず、資本の構成とは何かについて――資本の価値構成と資本の技術的構成について、そして、資本の技術的構成によって規定されるかぎりでの資本の有機的構成という概念について確認し、第1節の資本の構成が不変のまま蓄積が進む場合について検討しました。
 資本の増加は可変資本部分の増大を含み、したがって資本の蓄積が行われて資本が増加すればするほど、労働力に対する需要は比例的に増加し労賃が騰貴します。しかし労賃が高騰するような場合でも、資本家的生産の根本性格、労働者の資本に搾取される関係が変わるわけではなく、資本の蓄積はすなわちプロレタリアートの増加を意味することなどを確認。労賃の騰貴は資本の蓄積を妨げない範囲で続きますが、しかし剰余価値が減少するようになると資本の蓄積が衰え、労働力に対する需要が減少し労賃が低下してゆきます。これらから言えることは、資本の蓄積の変化が、その増大が労働力を相対的に不足にし、したがって労賃を引き上げる、またあるときは蓄積の減退が労働力を相対的に過剰にし、したがって労賃を引き下げるということ、蓄積の大きさは独立変数であり、賃金の大きさは従属変数であって、その逆ではないということです。また、資本の蓄積と賃金率との関係は、資本に転化された不払労働と追加資本の運動に必要な支払労働との関係にほかならないということ、同じ労働者人口の不払労働と支払労働との関係であるということ、労働者が価値増殖の手段としてのみ存在する社会では、資本主義的再生産を脅かすような労賃の上昇は排除されている等々について学習しました。
 
次回、1月23日(水)は、第23章の第2節「蓄積とそれにともなう集積との進行中における可変資本部分の相対的減少」について検討する予定です。

 ●日 時:1月23日(水)
    午後6時30分~8時30分
●場 所:かながわ県民センター
              (横浜駅西口5分)
    会議室 1/23⇒307号室

※ テキスト:岩波文庫、新日本新書等どれでも可。
※ 連絡先: 090-7729-9433[伊藤]
     yokorouclub@gmail.com


◆『国家と革命』の学習会

  12月19日(水)に、第2章「国家と革命。1848ー1851年の経験」、第3章「国家と革命。1871年のパリ・コンミューンの経験。マルクスの分析」まで読みました。第1章で提起されている国家の本質を振り返りながら、民主主義もまた国家であるということ、ブルジョア民主主義や選挙制度の欺瞞性、日和見主義者が既存の国家を「廃絶」するという任務を、国家の「死滅」ということにすりかえていること、また国家の死滅の歴史的条件などについて議論。さらに第2章と第3章のフランスの歴史的経験やマルクスの分析を読み、ブルジョア国家機構、軍事制度や官僚制度などがますます肥大化していくことや、労働者階級は「できあいの国家機構を打ち砕き」、それを何と取り換えるのかということなどについてみていきました。さらに、日本の安倍政権の権力政治や野党の政治、あるいは、べらぼーな供託金などに象徴される非民主的な日本の選挙制度などについても議論となりました。
 次回は1月16日(水)に開催します。第4章「つづき。エンゲルスの補足的な説明」と第5章「国家死滅の経済的基礎」を検討しますが、第6章まで読んでおこうということになりました。
 日 時:1月16日(水)
    午後6時30分~8時30分
●場 所:かながわ県民センター
              (横浜駅西口5分)
    会議室1/16⇒702号室

※ テキスト:岩波文庫など。
※ 連絡先: 080-4406-1941[菊池]
     yokorouclub@gmail.com

『資本論』と『国家と革命』の学習会~今後の予定

◆『資本論』学習会


★『資本論』基礎学習会

 12月12日(水)、第3章「貨幣または商品流通」に入り、第1節「価値の尺度」について学習しました。
 まず、貨幣の価値尺度機能とは何かについて検討。――貨幣商品の第1の機能は、諸商品に対して統一的な価値表現の材料を提供すること、諸商品の価値を質的に同等で量的に比較可能な大きさとして表示することにあります。労働時間が価値の内在的尺度であることは今までみてきた通りですが、価値尺度としての貨幣は、この内在的な価値尺度である労働時間の必然的な現象形態です。商品の金での価値表現はその商品の貨幣形態または価格です。価格の表示のためには現実の貨幣を必要としないこと、価値尺度機能ではただ観念的な貨幣として役立つということ、しかし、価格はまったく実在的な貨幣材料に依存しているということなどについて検討しました。
 また、諸商品の価値はいろいろな金量として相互に比較され計られることになるので、技術的にこれらの金量を量る度量単位が必要となり、これがさらに可除的な諸部分に分割されることによって度量標準となります。ここで、貨幣の価値尺度機能と価格の度量標準との違いと関連について――貨幣が価値の尺度であるのは、人間労働の社会的化身としてであり、価格の度量標準であるのは、確定された金属重量としてであるということ、貨幣は、価値尺度としては、諸商品の価値を価格に、すなわち表象された金量に転化させるのに役立ち、価格の度量標準としては、種々の金量を一つの金量で計るのであるということなどについて検討しました。
 さらに、価格形態は、価値と価格との量的不一致の可能性をもっているということや、価格形態はひとつの質的矛盾、すなわち、貨幣は諸商品の価値形態にほかならないのに、価格が価値の表現であることをやめるという矛盾を含んでいることなどについて議論しました。 
 次回1月9日(水)は、第2節「流通手段」にはいります。


●日 時:1月9日(水)
    午後6時30分~8時30分
●場 所:かながわ県民センター
              (横浜駅西口5分)
    会議室1/9⇒602号室



★『資本論』第1巻後半学習会   
 
   1128日(水)は、前半に第22章「剰余価値の資本への転化」の第4節を学習しました。蓄積の規模は、剰余価値の資本と収入への分割の比率が与えられているなら、剰余価値の絶対的大きさに依存します。第4節では、その剰余価値を規定する諸々の事情が、蓄積に関連して「新たな観点」から、考察されています。第4節のタイトルにあるように、1つは「労働力の搾取度」、2つめは「労働の生産力」、3つめは「充用される資本と消費される資本との差額の増大」、4つめは「前貸し資本の大きさ」――これらが検討されます。

後半に、第5節「いわゆる労働元本」を学習。資本の大きさと作用度は固定的な大きさでなく弾力的であり、その一部である可変資本の大きさも弾力的なものであることは、今までに見てきた通りです。ところが、古典派はこれを固定的な大きさだと捉え、ベンサムらによってドグマにまで確立され、さらに、いわゆる賃金基金説などとして資本を弁護する目的のために利用されます。

次回、1226日(水)は、第23章「資本主義的蓄積の一般的法則」に入り、その第1節「資本の構成が不変な場合における、蓄積にともなう労働力需要の増大」を検討する予定です。

 ●日 時:12月26日(水)
    1月23日(水)
    午後6時30分~8時30分
●場 所:かながわ県民センター
              (横浜駅西口5分)
    会議室12/26⇒702号室
     1/23⇒307号室

※ テキスト:岩波文庫、新日本新書等どれでも可。
※ 連絡先: 090-7729-9433[伊藤]
     yokorouclub@gmail.com



◆『国家と革命』の学習会

  12月19日(水)に、第2章「国家と革命。1848ー1851年の経験」、第3章「国家と革命。1871年のパリ・コンミューンの経験。マルクスの分析」まで読みました。第1章で提起されている国家の本質を振り返りながら、民主主義もまた国家であるということ、ブルジョア民主主義や選挙制度の欺瞞性、日和見主義者が既存の国家を「廃絶」するという任務を、国家の「死滅」ということにすりかえていること、また国家の死滅の歴史的条件などについて議論。さらに第2章と第3章のフランスの歴史的経験やマルクスの分析を読み、ブルジョア国家機構、軍事制度や官僚制度などがますます肥大化していくことや、労働者階級は「できあいの国家機構を打ち砕き」、それを何と取り換えるのかということなどについてみていきました。さらに、日本の安倍政権の権力政治や野党の政治、あるいは、べらぼーな供託金などに象徴される非民主的な日本の選挙制度などについても議論となりました。
 次回は1月16日(水)に開催します。第4章「つづき。エンゲルスの補足的な説明」と第5章「国家死滅の経済的基礎」を検討しますが、第6章まで読んでおこうということになりました。
 日 時:1月16日(水)
    午後6時30分~8時30分
●場 所:かながわ県民センター
              (横浜駅西口5分)
    会議室1/16⇒702号室

※ テキスト:岩波文庫など。
※ 連絡先: 080-4406-1941[菊池]
     yokorouclub@gmail.com

『資本論』と『国家と革命』の学習会~12月の予定


◆『資本論』の学習会

★『資本論』基礎学習会
 11月14日(水)に、第1章の3節の後半部分と第2章「交換過程」を学習しました。
 最初に、第3節の価値形態論と2章の交換過程論との関連、区別について検討。第2章では、商品と商品所有者との関係について、交換過程に存在する矛盾について――商品の使用価値としての実現であると同時に、価値としての実現過程でなければならないことなど――、そして貨幣が交換過程の必然的な産物であること、さらに、交換のはじまりから貨幣の現実的生成過程について、労働生産物の商品への転化、商品の貨幣への転化等々を学習しました。
 次回、12月12日(水)には、2章の最終部分をみたあと、第3章「貨幣または商品流通」の第1節「価値の尺度」に入ります。
●日 時:12月12日(水)
    午後6時30分~8時30分
●場 所:かながわ県民センター
              (横浜駅西口5分)
    会議室12/12⇒702号室


★『資本論』第1巻後半学習会    
   1128日(水)は、前半に第22章「剰余価値の資本への転化」の第4節を学習しました。蓄積の規模は、剰余価値の資本と収入への分割の比率が与えられているなら、剰余価値の絶対的大きさに依存します。第4節では、その剰余価値を規定する諸々の事情が、蓄積に関連して「新たな観点」から、考察されています。第4節のタイトルにあるように、1つは「労働力の搾取度」、2つめは「労働の生産力」、3つめは「充用される資本と消費される資本との差額の増大」、4つめは「前貸し資本の大きさ」――これらが検討されます。

後半に、第5節「いわゆる労働元本」を学習。資本の大きさと作用度は固定的な大きさでなく弾力的であり、その一部である可変資本の大きさも弾力的なものであることは、今までに見てきた通りです。ところが、古典派はこれを固定的な大きさだと捉え、ベンサムらによってドグマにまで確立され、さらに、いわゆる賃金基金説などとして資本を弁護する目的のために利用されます。

次回、1226日(水)は、第23章「資本主義的蓄積の一般的法則」に入り、その第1節「資本の構成が不変な場合における、蓄積にともなう労働力需要の増大」を検討する予定です。

 ●日 時:12月26日(水)
    午後6時30分~8時30分
●場 所:かながわ県民センター
              (横浜駅西口5分)
    会議室12/26⇒702号室
※ テキスト:岩波文庫、新日本新書等どれでも可。
※ 連絡先: 090-7729-9433[伊藤]
     yokorouclub@gmail.com


◆『フォイエルバッハ論』/『国家と革命』の学習会
  1121日(水)に、『フォイエルバッハ論』を振り返るとともに、付録にあるマルクスの『フォイエルバッハに関するテーゼ』を読んだあと、レーニンの『国家と革命』に入りました。この日は、序文と第1章「階級社会と国家」の中の第1節「階級対立の非和解性の産物としての国家」まで検討。次回、1219日(水)は、第2章、第3章を検討する予定です。

 日 時:12月19日(水)
    午後6時30分~8時30分
●場 所:かながわ県民センター
              (横浜駅西口5分)
    会議室12/19⇒702号室
※ テキスト:岩波文庫など。
※ 連絡先: 080-4406-1941[菊池]
     yokorouclub@gmail.com

『資本論』と『国家と革命』の学習会~11月、12月の予定

◆『資本論』の学習会

★『資本論』基礎学習会

 11月14日(水)に、第1章の3節の後半部分と第2章「交換過程」を学習しました。
 最初に、第3節の価値形態論と2章の交換過程論との関連、区別について検討。第2章では、商品と商品所有者との関係について、交換過程に存在する矛盾について――商品の使用価値としての実現であると同時に、価値としての実現過程でなければならないことなど――、そして貨幣が交換過程の必然的な産物であること、さらに、交換のはじまりから貨幣の現実的生成過程について、労働生産物の商品への転化、商品の貨幣への転化等々を学習しました。
 次回、12月12日(水)には、2章の最終部分をみたあと、第3章「貨幣または商品流通」の第1節「価値の尺度」に入ります。
●日 時:12月12日(水)
    午後6時30分~8時30分
●場 所:かながわ県民センター
              (横浜駅西口5分)
    会議室12/12⇒702号室


★『資本論』第1巻後半学習会    

 10月24日(水)に、第22章「剰余価値の資本への転化」の第2節「拡大された規模での再生産における経済学上の誤った見解」と第3節「剰余価値の資本と収入とへの分割。節欲説」を学習しました。第2節では、特に、古典派経済学が、個別資本では追加資本は不変資本と可変資本に分かれるとしても、社会的資本は可変資本のみに支出されるという誤った見解(スミスのドグマ)について議論となりました。
 第3節では、資本家の歴史的存在意義――競争を通じ資本家は蓄積を強制され、生産のための生産を行い、高度な社会形態のための物質的生産条件を創造する等々――について、あるいは、剰余価値の分割をめぐる資本家の中での蓄積衝動と享楽衝動の鬩ぎ合い、初期の資本家は享楽衝動を抑制し個人的消費を罪悪だとしていたのが、資本主義が発展するつれて剰余価値は莫大なものになり、奢侈と浪費を増大させながら資本の蓄積を進める時代に至るということや、また、資本の蓄積は資本家の節欲に基づくものだと唱え、資本の搾取を美化するシーニアらのブルジョア的弁護論などについて学習しました。 
 次回11月28日(水)は、第22章の第4節「剰余価値の資本と収入への比例的分割から独立して蓄積の規模を規定する諸事情――労働力の搾取度、労働の生産力、充用される資本と消費される資本との差額の増大、前貸資本の大きさ」と、第5節「いわゆる労働元本」について学習します。
●日 時:11月28日(水)、
    12月26日(水)
    午後6時30分~8時30分
●場 所:かながわ県民センター
              (横浜駅西口5分)
    会議室11/28⇒307号室、
     12/12⇒702号室
※ テキスト:岩波文庫、新日本新書等どれでも可。
※ 連絡先: 090-7729-9433[伊藤]
     yokorouclub@gmail.com

◆『フォイエルバッハ論』/『国家と革命』の学習会

 10月17日(水)、『フォイエルバッハ論』の第3章でフォイエルバッハの宗教哲学と倫理学について、第4章で弁証法的唯物論と史的唯物論について検討し、ほぼ終えました。
 次回、11月21日(水)は、『フォイエルバッハ論』文庫本の「付録」にある、マルクスが書いた「フォイエルバッハにかんするテーゼ」を検討します。そのあと、新たにレーニンの『国家と革命』を読み始めます。国家の本質について、民主主義と独裁との関係について、国家の死滅等について、考えていきます。ぜひ、ご参加ください。

●日 時:11月21日(水)、
    12月19日(水)
    午後6時30分~8時30分
●場 所:かながわ県民センター
              (横浜駅西口5分)
    会議室11/21⇒707号室、
     12/19⇒702号室
※ テキスト:岩波文庫など。
※ 連絡先: 080-4406-1941[菊池]
     yokorouclub@gmail.com



カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

yokorou15

Author:yokorou15
横浜で月2回『資本論』学習会を開いています。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR