ホーム   »  学習会案内  »  2つの『資本論』学習会と『カール・マルクス』学習会~2月の予定。2月より資本論“基礎学習会”開始へ!

2つの『資本論』学習会と『カール・マルクス』学習会~2月の予定。2月より資本論“基礎学習会”開始へ!


『資本論』学習会

★ 『資本論』“基礎学習会” の第1回目は、「序文」も参考にしながら、『資本論』とはどんな本なのか、今それを読む意義はどこにあるのか等々を確認したあと、第1章「商品」の第1節「商品の二つの要因。使用価値と価値(価値の実体、価値の大きさ)」に入り検討する予定です。『資本論』を初めて読んでみようという方も、もう一度初めから読み直してみようという方も大歓迎です。これを機会にぜひとも御参加ください。
★ 継続中の通常の“第1巻学習会”の次回は、第5篇「絶対的および相対的剰余価値の生産」第14章「絶対的および相対的剰余価値」の後半部分(自然条件と生産力との関係を論じた部分から)を学習する予定です。

『資本論』基礎学習会
・ 日 時: 2月14日(水)
     午後6時30分~8時30分
・ 場 所: かながわ県民センター(横浜駅西口5分)
      会議室⇒709号室

『資本論』第1巻学習会
・ 日 時: 2月28日(水)
     午後6時30分~8時30分
・ 場 所: かながわ県民センター(横浜駅西口5分)
      会議室⇒708号室

※ テキスト:岩波文庫、国民文庫、新日本新書等どれでも構いません。
※ 連絡先: 090-7729-9433[伊藤]
      yokorouclub@gmail.com



『カール・マルクス』学習会、引い
★次回、2月7日は、引き続きレーニンの『カール・マルクス』(岩波文庫版)の中から「マルクス主義と修正主義」「宗教に対する労働者党の態度について」を読んでいきます。なお、時間を30分延長して、いつもの読書会と併行して「ロシア革命とは何であったか」、その歴史的意義についての検討会(後編)も行ないます。資料を用意します。通常より開始時刻が30分早く午後6時からとなります。
き。通常より開始時刻
・ 日 時: 2月7日(水)
     午後6時00分~8時30分 
・ 場 所: かながわ県民センター(横浜駅西口5分)
     会議室⇒709号室
※ テキスト:岩波文庫(中古本)[テキストについて詳しくは下記まで]
※ 連絡先: 080-4406-1941[菊池]
      yokorouclub@gmail.com


コメント
トラックバック
トラックバック URL
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

yokorou15

Author:yokorou15
横浜で月2回『資本論』学習会を開いています。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR